2. 研究デザインの検討

系統誤差を最小とするために最優先に取り組むべき課題は、, 研究デザインの検討である。具体的には, 反復, 無作為化, 局所管理といった「フィッシャーの3原則」により, 系統誤差の混入の回避, 減少, 偶然誤差への転化を図る4) 5)

 「はじめに」に戻る        第3章に進む